定年後の資産運用、ウェルスナビ?、それとも投資?FX?

ロボアドバイザー・ウェルスナビ、ソーシャルレンディング、株、仮想通貨、FXまで早期退職後チャレンジしています。

ウェルスナビ1000億円突破はスタートライン!

   f:id:kenn049:20180827233716j:plain

ウェルスナビが預かり資産1000億円を突破した。

ワタシは9月下旬かな?と思っていました。900億円からの100億円のスピード感が凄いです。

 

預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー(※1)「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供する、ウェルスナビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:柴山和久、以下「当社」)は、2018年8月23日時点で、預かり資産1000億円、申込件数13万口座を突破したことをお知らせします。

 「WealthNavi(ウェルスナビ)」はノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うサービスで、高度な知識や手間なしに国際分散投資を行うことができます。機能性、透明性、低水準でシンプルな手数料が高く評価されています。

 正式リリースから2年2ヵ月(18年8月23日時点)で、預かり資産1000億円を突破しました。これは、先行する米国市場のロボアドバイザーの主要提供会社と比べても速いスピードです。(※2)
 


 16年7月に正式リリースしたロボアドバイザー「WealthNavi」は、働く世代が手軽に資産運用を行えるサービスとして成長してきました。強固な顧客基盤を持つパートナー企業(※3)を通じたご利用も拡大しています。本年7月9日時点で900億円を突破した後、1カ月余りで1000億円に達しました。

 当社は、従業員の約半数がエンジニア・デザイナーなどのクリエイターという「ものづくりする金融機関」であることを特徴とし、誰でも利用しやすく、フィデューシャリー・デューティーを徹底したサービスづくりを心がけています。今後も、預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー(※1)「WealthNavi(ウェルスナビ)」の提供を通じて、「長期・積立・分散」による資産運用の普及に努め、働く世代の資産形成をサポートしていきます。

 

預ける側からしても、預かり資産が増えて、手数料収入が増えることは、経営が安定していくので、うれしいです。(^_-)-☆

 

でも、この1000億円突破は会社のビジョンから考えれば序曲です。

詳しくは柴山CEOのセミナー記事をご参照ください。 

   sociallending.hatenadiary.jp

 

 

これからも「もの作りする金融機関」として、日本人の資産形成のため、新しい金融商品を生み出してほしいですね。

 

このサイトでは、タイアップキャンペーンとして新規の口座開設されるともれなく1500円のキャッシュバックがあります。

                                詳細はここね