定年後の資産運用、ウェルスナビ?、それとも投資?FX?

ロボアドバイザー・ウェルスナビ、ソーシャルレンディング、株、仮想通貨、FXまで早期退職後チャレンジしています。

ウェルスナビ1000億円突破はスタートライン!

   f:id:kenn049:20180827233716j:plain

ウェルスナビが預かり資産1000億円を突破した。

ワタシは9月下旬かな?と思っていました。900億円からの100億円のスピード感が凄いです。

 

預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー(※1)「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供する、ウェルスナビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:柴山和久、以下「当社」)は、2018年8月23日時点で、預かり資産1000億円、申込件数13万口座を突破したことをお知らせします。

 「WealthNavi(ウェルスナビ)」はノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うサービスで、高度な知識や手間なしに国際分散投資を行うことができます。機能性、透明性、低水準でシンプルな手数料が高く評価されています。

 正式リリースから2年2ヵ月(18年8月23日時点)で、預かり資産1000億円を突破しました。これは、先行する米国市場のロボアドバイザーの主要提供会社と比べても速いスピードです。(※2)
 


 16年7月に正式リリースしたロボアドバイザー「WealthNavi」は、働く世代が手軽に資産運用を行えるサービスとして成長してきました。強固な顧客基盤を持つパートナー企業(※3)を通じたご利用も拡大しています。本年7月9日時点で900億円を突破した後、1カ月余りで1000億円に達しました。

 当社は、従業員の約半数がエンジニア・デザイナーなどのクリエイターという「ものづくりする金融機関」であることを特徴とし、誰でも利用しやすく、フィデューシャリー・デューティーを徹底したサービスづくりを心がけています。今後も、預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー(※1)「WealthNavi(ウェルスナビ)」の提供を通じて、「長期・積立・分散」による資産運用の普及に努め、働く世代の資産形成をサポートしていきます。

 

預ける側からしても、預かり資産が増えて、手数料収入が増えることは、経営が安定していくので、うれしいです。(^_-)-☆

 

でも、この1000億円突破は会社のビジョンから考えれば序曲です。

詳しくは柴山CEOのセミナー記事をご参照ください。 

   sociallending.hatenadiary.jp

 

 

これからも「もの作りする金融機関」として、日本人の資産形成のため、新しい金融商品を生み出してほしいですね。

 

このサイトでは、タイアップキャンペーンとして新規の口座開設されるともれなく1500円のキャッシュバックがあります。

                                詳細はここね

 

 

 

 

 

 

ウェルスナビのセキュリティーアップ、2段階認証ログインの安全度と問題点

f:id:kenn049:20180805115504j:plain

 

ウェルスナビに限らず、フィンテック関連の新金融事業で気になっていたことがありました。

それはサイトのセキュリティーが銀行と比べると格段に甘いのではないか、ということです。

もちろん、自分のパソコン、スマホは自分でセキュリティソフトを導入する、フィッシングサイトに注意するなどが必要です。

 

それでもフィンテック関連のサイトはID、パスワードがパソコンにキャッシュされ、ワタシ以外の第3者でもログインできてしまう危惧がありました。

それに比べ銀行、特に楽天銀行などはID、パスワードのほかに合言葉が2段階で聞かれたり、めんどくさいです。

でも、それだけサイトのセキュリティー意識が高い気がしていました。

 

ウェルスナビが2段階認証ログインへ

WealthNaviをより安全にご利用いただけるよう、ログイン時の2段階認証機能の提供を開始しました。

2段階認証とは、通常のログインIDとパスワードに加えて、さらにスマートフォンの認証アプリでその都度生成される「6桁のコード」を用いて認証を行う仕組みです。

 

ワタシはこの2段階認証、住信SBIネット銀行ほかで使っています。スマホがないとすぐに入れないのですが、面倒ですがメチャクチャ安心感があります。

これなら侵入されることないやろ(ここだけ何弁?)と思います。

 

仮想通貨・コインチェックが500億円紛失した問題とウェルスナビを比較するのは笑止千万ですが、フィンテック企業が信用度を高めるためには、今後もいろんな対策を練ってほしいです。

 

2段階認証の安全性 f:id:kenn049:20180805115827j:plain

これで完全に第3者からの侵入が防げるかどうかと言えばそんなことはありません。安全性は以前よりも増しますので、安全度は高まります。

犯罪者とのせめぎ合いは今後も続きます。

金額の多寡にかかわらず、アナタのウェルスナビを2段階認証にしましょう。

 

2段階認証の問題点

 

とにかく面倒です。
現在も他の銀行で使っていますが、ネットからすぐに入れると思ってID、パスワードを入れて、「エラー」が出て、初めて2段階認証を思い出します。

そべての金融機関がこの認証方式を使えば、忘れることはないのですが、まだまだ少ないので、認証を忘れてしまいます。

スマホは常に身近なところに置いてあるので今まで問題はありません。

 

もし、ネット銀行にログインしたい時にスマホがなければゾッとします。スマホを紛失した故障した時に、どうしてもネット銀行に接続したい時はどうすればよいか、考えておく必要があります。

 

現実的な方策としては、ネット銀行、ロボアドバイザーだけに依存せず、資金を分散させるなどして緊急時にお金は複数の方法で出金できるようにしたほうがいいでしょう。

 

ウェルスナビの2段階認証が必要な理由は

ウェルスナビの口座が緊急時使用の日常口座になることは考えずらいです。

ウェルスナビの使い方としては初回に20万円以上入金して、翌月以降は自動積み立てを実行する。

そしてたまにウェルスナビに接続して、資金の推移を確認する。むしろ、ウェルスナビの存在を忘れて、10年後に確認するぐらいの気持ちで構えたほうがいい結果が出る気がします。

短いスパンで増えた減った、ドル円が上がった、下がったで一喜一憂していては、ウェルスナビの利点は生かせません。


よって結論的には、 長期間確認せずに済むウェルスナビの2段階承認でセキュリティーアップをおすすめします。 

 

それとウェルスナビに限らず、ID、パスワード、認証方式など自分の身に何かあっていいように、デジタル、アナログ(紙に一覧表にして金庫に入れておくなど)最低2通りの方法で管理しましょう。

 

以上、ウェルスナビが2段階認証を始めるにあたって感じたことでした。

 

またこのサイトから新規にウェルスナビを始めるとタイアップサイトキャンペーンとしてもれなく1500円のキャッシュバック+手数料バックがあります。

f:id:kenn049:20180802195717p:plain

                             興味があればここで

 

 

 

8月のウェルスナビキャンペーンは

  f:id:kenn049:20180802194933j:plain

この暑さ、いつまで続くの?
まだ8月2日です。
在宅中、熱中症でお亡くなりなる高齢者が増えているそうですね。

 

クーラーをつけないで我慢しているのか、それともクーラー付ける電気代がないのか
ちょっとわかりません。

いずれにしても、年を取ればとるほど、お金がないとみじめになるだけです。

 

ワタシ、50代ですが必死に老後にいい生活できるように稼いでいます。

アナタももちろん同じですよね?

 

 

年齢を重ねれば重ねるほど資産は必要。

    f:id:kenn049:20180802201427j:plain

 

かつてマクドナルドは若者のたまり場と言われました。


数年前、仕事先で立ち寄ったある平日の昼下がり、東急目蒲線の駅前にあるマクドナルドでは老人のたまり場と化した店舗がありました。ワタシ、驚いたのなんのって。

図書館も同じですね。


行き場のない年配の方が昼寝をしたり、新聞を読んだりでフロアーは満席。

図書館にいれば涼しいし、電気代もかからない。おまけに家と違って小言を言う家人もいない。気楽です。

 

「図書館に行っても本が読めない」そんな不満があると新聞の投書欄に書いてありました。

高齢者は大切にしなくてはいけませんが、周囲に迷惑を掛けないのが原則です。

 

これからさらに地球上の気温が高くなると想定されています。できれば8月1か月はオーストラリアに行きたいですね。

そのためには、長期で計画的にコツコツ貯める、積み立てるのが一番です。

 

NISAやつみたてNISAは利用すればいいですが限度額もあります。

9月からはクレジット払いのつみたてNISAも発売される予定です。

どこに預ければいいのかは、人によって違います。

最近、グンと加入者数を伸ばしているウェルスナビも魅力です。

 

8月はウェルスナビもキャンペーン実施中です。今回は1か月分手数料キャッシュバックです。

f:id:kenn049:20180802195717p:plain

 

このサイトから申し込めば、タイアップサイトとして通常のキャンペーンプラスさらに1500円キャッシュバックされます。

詳しくはここから確認してください。

 

働く世代も中年世代もひとりに1契約ロボアドバイザー時代です。