ウェルスナビの評判と実績。まずは口座開設

ウェルスナビなら30万円で簡単口座開設、キャンペーンは8月31日まで延長!

これがウェルスナビの評価!預かり資産200億円突破、1兆円目標は真実味

 f:id:kenn049:20170726155738j:plain

 

ウェルスナビが正式リリース後、200億円達成とのニュースがありました。
SBIグループの強烈な追い風があったにしろ、フィンテック、ロボアドバイザーが徐々に浸透してきているということ。

この1年間だけ見れば、ロボアドバイザー・ウェルスナビに資産を預けて人は資産を増やしています。

それが、想定以内か、想定以上かによって、評価は違いますが、悪い評判、評価はないはずです。

 

ウェルスナビのニュース

 

正式リリースから1年で預かり資産200億円を達成

  •  0

  • ・・・

    •  0

    • close

 
 ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」により世界水準の資産運用を提供するウェルスナビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:柴山和久)は、2017年7月25日までに、34,000件を超えるお申込みを頂き、総預かり資産200億円を達成しましたので、お知らせいたします。このうち「WealthNavi for SBI証券」と「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の預かり資産は130億円に達しています。
 


 
 2016年7月13日の正式リリースから1年で預かり資産200億円を達成することができたのは、「世界水準の資産運用を誰でも安心して気軽に利用できる未来を築く」という当社のビジョンが、退職金の減少や年金不安により資産運用ニーズが顕在化しつつある働く世代からの強い共感を得たためと考えています。

 このようなビジョンの下、働く世代の資産運用をサポートするため、当社は、高機能、透明性、低水準でシンプルな手数料による独自のビジネスモデルを追求してきました。

●ノーベル賞を受賞した理論に基づく世界水準のアルゴリズムを活用し、「長期・積立・分散」による資産運用を自動化した高機能サービス
●アルゴリズムや運用実績の公開、ポートフォリオを構成する上場投資信託(ETF)の経費率の開示などを通じた透明性
●預かり資産の1%(3,000万円を超える部分については0.5%)という低水準かつシンプルな手数料

そして正式リリース後も一貫して、機能強化や透明性の向上に継続的に努めています。
●2016年7月13日 「WealthNavi(ウェルスナビ)」の正式リリース
●2016年7月21日  メガバンク3行からの24時間365日クイック入金サービスを提供開始
●2016年8月30日  リバランス機能付き自動積立サービスを提供開始(国内初)
●2016年10月12日 資産運用アルゴリズムのホワイトペーパーを公表(国内初)
●2016年11月25日 ボーナス時の追加積立サービスを提供開始
●2016年12月21日 住信SBIネット銀行からの24時間365日クイック入金サービスを提供開始
●2017年1月31日 「WealthNavi for SBI証券」をリリース(30万円から利用可能)
●2017年2月28日 「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」をリリース(30万円から利用可能)
●2017年5月9日   「WealthNavi(ウェルスナビ)」スマートフォンアプリのiOS版を提供開始
●2017年5月24日   お釣りで資産運用できるアプリ「マメタス」をリリース(国内初)
●2017年6月23日   フィデューシャリー・デューティー(FD)宣言を採択
●2017年7月4日   「WealthNavi(ウェルスナビ)」を30万円から利用可能に
●2017年7月5日   「WealthNavi(ウェルスナビ)」スマートフォンアプリのAndroid版を提供開始

 預かり資産全体の3分の2を占めるSBI証券ならびに住信SBIネット銀行のお客様にも、上記のようなビジョンやサービスの特長が評価され、申込み件数や預かり資産の短期間での増加につながったと考えています。

 今後、世界水準の資産運用を誰でも安心して気軽に利用できる未来を実現するため、AI(人工知能)の活用などによる機能強化、API連携の拡張やスマーフォン・アプリの提供などを通じた「WealthNavi for SBI証券」および「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の利便性の向上、そして、世界水準の資産運用を一人でも多くの働く世代の方々にご利用頂くための提携パートナーの拡大を推進します。

 さらに、日本初のおつりで資産運用ができるアプリ「マメタス」のサービスを拡充し、投資の未経験者や初心者の方の資産運用をサポートし、貯蓄から投資への流れを加速させることに貢献していきます。

■ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の主な特長
1.全ておまかせの資産運用
ノーベル賞を受賞した理論などに基づいた世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムや、最先端の機能で、高度な知識や手間なしに、自動で国際分散投資を行います。

2.中長期的に安定的に資産を形成していきたい働く世代へのサービス
ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成、個人投資家が陥る心理的な壁に邪魔されることなく適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

3.高い機能で効果的・効率的な資産運用をサポート
中核となる技術について特許を取得している「リバランス機能付き自動積立」や「自動税金最適化(DeTAX)」機能が、お客様の効率的・効果的な資産運用をサポートします。
※自動税金最適化(DeTAX)の適用には条件があり、必ず税負担を繰り延べることを保証するものではありません。

4.明瞭な手数料、資産運用アルゴリズムもホワイトペーパーで公開
手数料は預かり資産の評価額に対し1%(年率、消費税別※)のみ。また、資産運用アルゴリズムをホワイトぺーパーで公開しており、ホームページ上でどなたでもご覧いただけます。
※預かり資産が3,000万円を超える部分は0.5%(年率、消費税別)の割引手数料が適用

              https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000014586.htmlより引用

 

 

 

 

ウェルスナビ預かり資産1兆円は通過点?

ウェルスナビの柴山社長がメディアに対して「2020年までに1兆円預かり資産目標」と言っていましたが、遠い話かな、と感じていましたが、そうでもないですね。

投資信託の預かり資産が6兆2千億円として、その15%を分捕れば、十分に達成できる数字です。

若年層よりも50歳以上の方のほうが資産を持っているのは、当たり前のことです。

若年層への取り込みは事業のベースとして必要ですが、退職金運用、年金運用でもウェルスナビは今後、活躍しそうです。

 

以上、ウェルスナビ200億円突破速報でした。

 

50歳以上もウェルスナビを活用のすすめ記事はこちら

 

sociallending.hatenadiary.jp