ウェルスナビの評判と実績。まずは口座開設

ウェルスナビなら30万円で簡単口座開設、キャンペーンは8月31日まで延長!

ウェルスナビ(Wealth Navi)はAI(人工知能)ロボアドバイザー

f:id:kenn049:20170721004858j:plain

 

 

 AI(人工知能)の発展

将来のことは誰もわからないのですが、金融商品の売買に関しては、もはや人間が入るすき間のないくらい AI(人工知能)が活躍しているのです。

 

ところで、西日本新聞2017年1月10日付の天気予報の記事、どなたが書いたかご存知ですか?

 

おはようございます。今日から新学期がスタートする学校が多いと思います。1月10日の九州北部(福岡県福岡地方)の天気予報は、晴れ時々くもりでしょう。降水確率は午前、午後ともに10%でしょう。傘は持たなくても大丈夫です。

日中の最高気温は11度、最低気温は6度となる見込みです。前日より最高気温は1度低く、最低気温は4度低いでしょう。平年と比べて最低気温は2度上回り、最高気温は平年並みでしょう。

 

風は北西の風後北の風、海上では後北西の風やや強くなるでしょう。日の出は午前7時23分。日の入りは午後5時29分です。

 

今日のお出かけには、コートを着ないと寒いでしょう。今夜の夜空は、よく見れば星が現れるかもしれません。

   

 

 

・・・

  

AIなんですよね。

 

新聞記事も AI(人工知能)が書く時代

 私、専門紙出身なので、背景がよくわかります。

西日本新聞(福岡県を中心に普及率の高い地方紙)の狙いはAIがこれだけ、進んでいること、将来的にはPCが記事を書くこともありうること、話題性なども考えて、書かれた記事だと思います。

新聞は実は紋切り型の記事って多いんですよ。季節ごとの年間行事やイベントなど日時を変更すればそのまま記事になることも多いのです。

 

新聞は原稿の締め切り時間が決まっています。早ければ、22時、遅くとも2時くらいです。たとえば、締め切りぎりぎりで終わるプロ野球のナイターの結果なんて、AIを利用すれば、締め切り1秒前でも入稿できてしまうでしょう。

天気予報ならなおさらです。当日のデータを活用すれば、ほぼほぼ完成です。

 

インタビュー記事は無理でしょうが、新聞の半分の記事はAIなんてことも、近い将来は可能です。

 

つまり、人間よりも優れている分野はAIにいち早く任せたほうがいいのです。

AIの進化はすさまじいものがあります。AIを上手に利用したものが勝つ時代に入ってきました。

 

ウェルスナビの資産運用も AI(人工知能)=ロボアドバイザー

株やFXで私、よく負けました。

「もうだめだ」と思って損切りすると、だいたい反転するんですよね。

もう天井間際か、わからないが、負け分取り戻したから、「利益確定」とボタンを押すと、そこからグンと株も為替も2段ロケットのように伸びていくのですよね。

 

投資家の友人に聞くと、「株の神様が、どこかで俺の行動見ているんじゃないか」と思うときがあるってよく言いました。

 そのくらい、投資は難しいですし、心の葛藤があります。

「人の行く裏道を行け」と投資の世界は言います。わかっていても、私、できないんです。落ちていくナイフ(株、為替)を拾うのは難しいのです。

だから、プロの投資家・組織にお願いして虎の子の資産を運用してもらうのです。

 

ウェルスナビはフィンテク

従来の投資会社でプロの投資家に運用任せれば、かなりの金額が手数料として持っていかれます。その投資会社の人件費が含まれているのですから、当然です。その点、システムは故障がない限り、不平不満も言わず、24時間働いてくれます。

それにディープランニングとよばれる手法でさらに深く、精度が高まった仕組みになるのがAIです。それがロボアドバイザーであり、ウェルスナビです。

最終的にはどこのロボアドバイザーが優秀かで、勝負が決まる時代も来るかもしれないですね。

 

ファイナンスとテクノロジーを合わせたAIの時代がやってきました。
私はソーシャルレンディングも昨年11月から始めました。今回のウェルスナビでフィンテクを利用した運用は2度目です。落ち着いたら、ビットコインにも挑戦します。

 

 AI(人工知能)はあらゆる分野で波及

長期的に運用する資産はもう、感情もなにもない、人工知能、AIさんにお任せするのがいいのではないかと思ってます。まずは、新規で口座開設して様子見です。

それじゃあ、資産運用、資産投資の面白味がないって方は、ご自分の経験則、データ分析、判断力で引き続き、やられれば、いいと思います。

でも、そんな時間ありますか?投資が本業であれば、いいのですが、普通は副業であることが多いです。

だから、AIにお任せして、配分やリスク管理は自分でやる方法がいいと思います。

べつなやり方としては、たとえば、100万円ずつ、ウェルスナビの運用と自分の投資成績と1年間、競争させてみるのも、面白いですね。

 

このほかにもAIの凄いこと起こってますよね。

2,3年前、将棋や囲碁で人間に勝つのは、あと10年後と言われていたのご存知でしたか。

もう、人間に並ぶか、追い越してきていますよね。来年はもう、将棋の羽生三冠も、囲碁の井山元名人もコンピュータに勝てないでしょう。そんな時代です。

 

日本最強の囲碁AI「DeepZenGo」対プロ棋士軍団、AIがわずかな差で勝利

 

ドワンゴが主催する「ニコニコ超会議」(4月29~30日、千葉・幕張メッセ)で、日本最強の囲碁AI「DeepZenGo」とトップ棋士チームの対局が行われた。トップ棋士側は、高尾紳路名人、三谷哲也七段、大橋拓文六段3人の合議制。

 ルールは互先(コミ6目半)、一番勝負、棋士側が黒番、DeepZenGoが白番で、結果はDeepZenGoの3目半勝ちとなった。

ITmedia NEWS 4/29(土) 18:37配信より引用

 

資産運用はロボアドバイザー 

ロボアドバイザーは、日本でも2015年後半から続々と誕生しています。

テオが先行して、ウェルスナビが追い抜いた感じでしょうか?

株式市場も5分先の相場予想なら、 AI(人工知能)が断然有利との話もあります。

金融業界は AI(人工知能)VS AI(人工知能)の戦いになるのでしょうか?

 

 以上、ウェルスナビ(Wealth Navi)はAI(人工知能)ロボアドバイザー…でした。

ウェルスナビの実績もご参照ください。

sociallending.hatenadiary.jp