ウェルスナビの評判と実績。まずは口座開設

ウェルスナビなら30万円で簡単口座開設、キャンペーンは7月31日まで。

テオ(THEO)に口座開設します。ウェルスナビと比較するためです。

f:id:kenn049:20170704132815j:plain

ロボアドバイザーは高利回り?

ウェルスナビに口座開設して、早2カ月、ロボアドバイザーなるものが、想像以上の破壊力(利回り)を持つことがわかりました。

 

ワタシ、年利回りがよくて5%くらいかな?と根拠のない、想像をしていました。

ウェルスナビでは、リスク許容度にもよりますが、10%以上の利回りシミュレーション(2016年1月~2017年4月)が出ていることに驚きです。

下記の記事を参照してください。

 

sociallending.hatenadiary.jp

 

ロボアドバイザーは株やFXと比べて労力が少ない

下手にハイリスクを取って、株式相場や、FXに手を出すなら、リスクもありますが、ロボアドバイザーやソーシャルレンディングに投資しながら、運用していたほうが、10年単位で見たら、結果を残せるのではないかと思います。

 

株やFXは情報収集、売り買いの時間など、かなりのエネルギーを要します。

FXなどは手法にもよりますが、非常に長い時間、パソコンに張り付いて、売り買いを繰り返した記憶があります。

それでいて、結局、大幅に私は資金をなくしました。

その点、ロボアドバイザーは一任勘定ため、口座開設の手続きはありますが、基本おまかせです。

今はいい運用成績が残せたとしても、将来はわかりませんが、ウェルスナビに続いて、テオも口座開設して、リスク分散と同時に、使い勝手などを検証したいです。

 

分散投資は必要

投資分散の原則で言えば、ソーシャルレンディングの取引会社と口座は6会社にして商品も分散しています。

次はロボアドバイザーの分散です。

ウェルスナビがテイクオフしたので、テオです。

 

 

テオとウェルスナビ

f:id:kenn049:20170704134849j:plain

テオはお金のデザインが2016年2月より始めたロボアドバイザーです。

ウェルスナビよりもちょっと早いです。

口座開設のための手続きはほとんどウェルスナビと同じでした。

リスク許容度を調べる質問5項目もほぼ同じような感じでした。

テオにウェルスナビが真似をしたのが真相なのでしょうか?わかりません。

手数料もほぼ同じです。資産の保全手法も同じです。

 

投資先の基準が違うのはわかりますが、まったく違うことは何だろうか?

使っていいるうちにどっちが使いやすいか、わかるかな?

 

テオは10万円から始められるので、最初始めるにはこちらの方が敷居は低そうです。

問題はお金が増えるのかどうか、運用成績です。

 

開示時期、預入金が違うので、正確な比較はできないかもしれないが、ウェルスナビとテオの比較をしてみたいと思います。

 

f:id:kenn049:20170709214010j:plain

できれば、3つ目として、楽ラップなどにも手を出してみます。