ウェルスナビの評判と実績。まずは口座開設

ウェルスナビなら簡単口座開設、キャンペーンは7月3日まで。

SBI証券の「iDeCo・イデコ」個人型確定拠出年金は、手数料0円!【超簡単解説】

SBI証券の「iDeCo・イデコ」なら

 

f:id:kenn049:20170504203645j:plain

 

60歳からの積立金、20代、30代から積み立てたほうが「お得です」と言われてもピンとこないですよね。

でも、毎月お給料から引かれる税金が安くなると言われれば、ちょっと、考えるのではないでしょうか?

2017年1月の今年から、iDeCo・イデコの制度が変わって、公務員、サラリーマン主婦(夫)の方も加入できるようになりました。

 

おまけに、SBI証券のiDeCo・イデコは6月から手数料、管理料を無料にしました。

個人型確定拠出年金「iDeCo・イデコって何?」の話も、時間のない方は資料請求してみてください。

 

無料の資料請求はこちら⇒SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

 

              

 SBI証券はなぜ、0円にしたの?

おそらく、20代、30代の若年層を取り込みたいからです。


顧客になってくれれば、30年、40年と長期間にわたって、囲い込みができます。iDeCo・イデコだけでなく、口座を開いていただければ、SBI証券のラインナップはたくさんあるので、株式だけでなく、取引の可能性がありますからね。

でも、お客さんから見れば、お得なところに預けるのが一番です。

 

SBI証券以外の会社はどうなの?

SBI証券と長年のライバル関係の、楽天証券はすぐに反応して楽天証券も加入時・移換時の口座開設手数料、口座管理手数料も無料としました。

従来から株式の最低手数料でもSBI証券と楽天証券は争っています。北尾VS三木谷の代理構図でしょうか。

お互いに負けるわけにはいかないので、このままライバル関係は続くでしょう。
競争が激化するってことは、消費者にとって悪いことではありません。

 

SBI証券iDeCo・イデコに入って得すること

       f:id:kenn049:20150727201954j:plain

  • 掛け金が全額所得控除になります
  • 運用で得たお金は全額非課税
  • 受け取る時も所得控除に


SBI証券iDeCo・イデコで損なこと

どこのiDeCo・イデコに入っても同じですが、60歳までおろせない、途中解約もできません。年金ですから仕方ないですね。そのためにいろいろ優遇されていますので。

 

SBI証券iDeCo・イデコは人気ナンバー1

2017年5月に1番よく見られている金融機関はSBI証券iDeCo・イデコでした。
当然ですね、手数料、管理料を無料したのですから。
2番も当然、追随した楽天証券です。ランキングご参照ください。

 

よく見られているiDeCo(イデコ)金融機関ランキング
金融機関ページ閲覧数トップ10(2017年5月)
    
順位 金融機関名(コース名)
1 SBI証券
2 楽天証券
3 みずほ銀行
資産50万円未満 資産50万円以上
4 ゆうちょ銀行
5 第一生命保険
資産150万円未満 資産150万円以上
6 三菱東京UFJ銀行/三菱UFJ信託銀行
ライトコース 標準コース
7 三井住友銀行
8 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
資産100万円未満 資産100万~200万円未満 資産200万円以上
9 りそな銀行
10 野村證券
資産100万円未満 資産100万~200万円未満 資産200万円以上
    
※本ランキングはiDeCoナビ金融機関別ページ閲覧数に基づいており、実際の加入者数を集計したものではございません。

                               http://www.dcnenkin.jp/より引用

 

SBI証券iDeCo・イデコがいいわけ

iDeCo・イデコの税制優遇は、どの金融機関でも同じです。
あとはどこにするかです。


キーワードは「長期間」です。

 

  1. 少ない手数料、口座管理料でも長期間であれば、大きな経費になります。
  2. 次に安心して任せられる、つぶれない金融機関ですね。長期に任せられるところ
  3. 最後が長期の時代変化に対応できる金融機関です。

20代、30代の方はご存知ないかもしれませんが、ネットがない時代、株式市場は1強他弱時代でした。それがネットで90%取引する時代になると、ネット証券が次から次へと隆盛を誇っています。
今後もフィンテクで金融界も時代は変わります。変化に対応できる金融機関でなければ、大事なお金は任せられません。

ワタシ、株式もロボアドバイザーもソーシャルレンディングもSBIグループで資産の一部を運用しています。

時代対応ならSBIグループです。

 

SBI証券iDeCo・イデコを検討

個人型確定拠出年金iDeCo・イデコは言葉としては知っていましたが、内容まで知りませんでした。

積み立てることで、税金を控除してくれるなら、手数料を安くしてくれるなら、積立金少なくても、検討すします。

 

手数料0円+安定的な経営+フィンテク時代にも対応できる金融機関=SBI証券ですかね。

以上、SBI証券iDeCo・イデコの超簡単記事でした。 

 

        まずは資料請求でじっくり見てからからどうぞ。

                  ↓

            

 

 追伸

もう銀行には馬鹿らしくて、預けられない時代です。
リスクを少なくしてミドルリターンを考えるなら

 

sociallending.hatenadiary.jp

 

sociallending.hatenadiary.jp