ウェルスナビの評判と実績。まずは口座開設

ウェルスナビなら30万円で簡単口座開設、キャンペーンは7月31日まで。

ウェルスナビの手数料高いですか?私、手数料安いと思います。

     f:id:kenn049:20170508231852j:plain

 ウェルスナビ手数料高いという人がいます。

一方、ワタシのように、安いと感じる人がいます。何が違うのでしょうか。

答えは簡単です。

金融知識、投資知識レベルが高く、自分で投資信託の良しあしを選別できる、ETFについて詳しく知っている方は、ご自分で運用できるので、高いと思うのでしょう。

ワタシのように、株、FX、投資信託は一応かじったことはありますが、どのように金融商品を選べば、よりよい資産運用になるのか、わからない人はウェルスナビって、本当に助かります。

これから、資産運用始める方は当然、後者のはずです。

 

富裕層の資産運用が、30万円からできるウェルスナビ。 手数料半額戻しキャンペーンも7月31日までWealthNavi

 

ウェルスナビの手数料が高いと思わない理由は

f:id:kenn049:20170713135529j:plain

ウェルスナビの手数料1%には、実は、多くのものが無料になっています。 

  • 入金積立手数料
  • 為替手数料
  • 為替スプレッド
  • 売買委託手数料
  • リバランス
  • 自動税金最適化
  • 出金手数料(24時間365日OK)

 

自分でETFを購入すれば、ウェルスナビの手数料ほど、取られずに安いでしょうが、ウェルスナビは何回売買しても、ウェルスナビ手数料1%の範囲です。

ウェルスナビに口座開設最大のメリットリスク管理だと思います。たとえば、リーマンショック級の暴落が始まった時に、にわか投資家は何ができるでしょうか。

オロオロするだけで、指をくわえているだけではないでしょうか。プロの投資家でも瞬時に資産を移すのは大変じゃないでしょうか。

ロボアドバイザー・ウェルスナビなら、 AI(人工知能)を使って資産の最適化をしてくれます。短期的にはマイナスが発生することもあるかもしれませんが、長期運用するなら、リスクヘッジをしてくれるウェルスナビは有効だと信じています。

ウェルスナビの口座開設後、入金、自動積立であとはおまかせです。

そのほかに、上記のリバランス、自動税金最適化、出金手数料無料などもやってくれるならワタシは、安いと思いました。

特に年末には自動税金最適化(DeTAX)まで、行ってくれれば、ワタシはかなりお得だと思います。

アナタは、ウェルスナビ手数料高い派、安い派、どちらですか?

ウェルスナビの概要はコチラをクリックして、詳細を確認してください。

ウェルスナビの手数料はいつ引かれるの?

ウェルスナビ公式サイトより

ウェルスナビの手数料は口座に預けた金額の1%。

3000万円以上は0.5%

  

これはワタシも知っています。

  • でも、手数料はいつ引かれるの?
  • どうやって手数料計算してるの?
  • 運用がマイナスになっても手数料とられるの?
  • 未来永劫まで手数料は同じなの?

 

アナタ、わかってます?                    

f:id:kenn049:20170629160243j:plain

 

いまいち、わかってないワタシ、調べました。意外とご存知ない方、多いのではないでしょうか?

 

ウェルスナビ意外と知られていない手数料こと

  • 消費税は別です。
  • ETF経費(維持、管理コスト)0.11~0.14% 間接的に引かれています。

 

以上のことから、ウェルスナビ手数料消費税込み1.08%+ETF経費(維持、管理コスト)0.11~0.14%は必然的に引かれます。

 

つまり、ウェルスナビ様には、最低1.2%以上の成績を上げていただかないと、資産が減ってしまうことになります。

運用実績を見る限り、上記の経費を差し引いてもプラスになっているので、深くは考えていません。
リーマンショック並みの出来事が起きて、一時的にマイナス運用になれば、手数料にも敏感になります。

ウェルスナビには是非とも、確実な運用をお願いしたいところです。

 

ウェルスナビ手数料詳細

さて、本題に戻って、手数料計算です。

 

★ウェルスナビ手数料計算式

【1日分の手数料の計算式】:計算日の時価評価額×1%(手数料率)÷365×1.08(消費税)

上記の計算式で1日分の手数料を計算し、1ヶ月分を合計します。合計した手数料の1円未満を切り捨てた金額が、翌月お支払いいただく手数料となります。

 

★ウェルスナビ手数料支払い日

翌月の5日

 

ウェルスナビ手数料具体例

 

つまり、一番わかりやすくウェルスナビ手数料計算を書けば

 

1月1日に365万円をウェルスナビに預けたとします。(うるう年は除く)

 

3,650,000円×1%÷365日×1.08=108円

 1年間、預け金額も、運用も全く変動しなければ、1日、108円が手数料として掛かり、

2月5日に1月分として3,240円、ウェルスナビ口座から手数料が引かれることになります。

 

ウェルスナビの手数料、おわかりいただけたでしょうか?

 

ウェルスナビの手数料内訳は

f:id:kenn049:20170622142536j:plain

 

ウェルスナビは中立性を保つために、金融機関、資産運用会社、広告代理店からマージンを取っていません。

 

f:id:kenn049:20170629160004j:plain

 *実は自動税金最適化(DeTAX)は大手証券会社でもやってくれることはあります。
しかし投資家が利益を帳消しにするために操作することはカンタンではありません。
一歩間違えれば、株価操作として摘発される心配もあります。
このような機能を無料で搭載したウェルスナビの手数料は安いと言える理由のひとつです。

 

ウェルスナビの手数料と投資信託の手数料どっちが安いの?

ウェルスナビの手数料1%が高いのか、安いのか気になるところです。

投資信託と比較して考えてみましょう。

 

ウェルスナビの運営コストは先ほどもご説明したように、年間で1.2%程度かかることがわかっています。

 

一方、投資信託の運営コスト

  • 購入時手数料(販売手数料)
  • 運用管理費用(信託報酬)
  • 信託財産留保額

です。

購入する種類、金額によってもコストは違います。

 

たとえば、I銀行で海外株式型のファンドを購入しようとすると

 
  • 購入時手数料(税込み)3.24%
  • 運用管理費用(税込み)1.9008%
  • 信託財産留保額 0円

 

同じく、I銀行でバランス型のファンドを購入すると

 
  • 購入時手数料(税込み)2.16%
  • 運用管理費用(税込み)1.49%
  • 信託財産留保額 0円

 

  投資信託で節税効果まで自動で行ってくれるのかどうかわかりませんが、常識的に考えて、個別で投資信託を購入する場合、2~3%程度の手数料がかかります。

以上のように、ウェルスナビと投資信託手数料を比較して、ウェルスナビの手数料が高いとはならないように思えます。

 

運用がマイナスになってもウェルスナビの手数料とられるの?

残念ながら、預入金額に応じて手数料は発生します。いい時も悪い時も手数料は同じです。ウェルスナビのアルゴリズムを信じて、運用し続けましょう。過去25年のデータでは、年平均6%前後のリターンがあります。

運用がマイナスになる可能性は低いです。

 

ウェルスナビの手数料は1%のままですか

ウェルスナビの預かり金額が大きくなれば、手数料は下がる可能性があります。

たとえば、株の取引はネットに90%変わって、大幅に下がりました。ネット証券会社の過当競争の結果でもあります。

ロボアドバイザーは昨年から日本でも急速に発展してきて、市場が広がってきました。ロボアドバイザーの預かり資産が大幅に増えれば、運営事業者は潤います。

またライバル会社が手数料を引き下げれば、追随せざるを得ない場合もあるでしょう。

何を根拠に言うのか、と言われそうですが、それは後日・・・

 

どうでしょうか。

ウェルスナビなら、すべてコミコミで年間手数料1.2%前後です。ワタシには、ウェルスナビ手数料は安く思えます。

 

以上、ウェルスナビの手数料高いですか?私、手数料安いと思います、の感想…でした。

 

まずは、口座開設して、ウェルスナビの便利さを実感してみてください。

 

30万円から運用できるウェルスナビ。今なら、手数料も半額戻し。7月31日までのキャンペーンWealthNavi

 

こちらの記事も参照ください。

sociallending.hatenadiary.jp