読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェルスナビ(Wealth Navi)の評判と実績。まずは口座開設

ロボアドバイザー・ウェルスナビ(SBI証券)に口座開設した実績、評判を報告します。

ウェルスナビ(SBI証券)の実績、評判とは? 30万円で口座開設してみました。

//Facebookのシェア数を取得 function countFacebook(url, selector) { $.ajax({ url:'https://graph.facebook.com/', dataType:'jsonp', data:{ id:url } }).done(function(res){ if ( res.share && res.share.share_count ) { $( selector ).text( res.share.share_count ); } else { $( selector ).text( 0 ); } }).fail(function(){ $(selector).text('0'); }); } //はてなブックマークではてブ数を取得 function countHatebu(url, selector) { $.ajax({ url:'http://api.b.st-hatena.com/entry.count?callback=?', dataType:'jsonp', data:{ url:url } }).done(function(res){ $(selector).text( res || 0 ); }).fail(function(){ $(selector).text('0'); }); } $(function(){ countFacebook('http://sociallending.hatenadiary.jp/entry/2017/05/01/233133', '.facebook-count'); countHatebu('http://sociallending.hatenadiary.jp/entry/2017/05/01/233133', '.hatebu-count'); });

ウェルスナビ(Wealth Navi)に口座開設し、30万円入金しました。

   f:id:kenn049:20170504155951j:plain

 

噂通り、いくつかの質問に答えるだけで、口座開設とても簡単でした。今なら、30万円で投資できるので、このチャンス逃さずに登録しておいたほうがいいですね。

 

実績速報

〇2017年4月28日口座開設 300,000円入金

 

〇   5月1日現在    300,438円

ちゃんと増えているんですね。

        f:id:kenn049:20170501223537p:plain

 

〇   5月2日現在   300,025円

         f:id:kenn049:20170502151815p:plain

昨日よりは減っています。一喜一憂してはダメですね。

長期に見て、2020年の東京五輪までは放置して、さらに様子見ながら、毎月、積立額を増やします。 

 

銀行定期と比較

ちなみに銀行に30万円定期預金にしても、438円増やすのに7年以上かかりますね。

          f:id:kenn049:20170501223547p:plain

 

短絡的な金額の上げ下げだけを見て、口座開設を判断するのは滑稽ですが、ウェルスナビは長期投資運用の柱として、早めに運用すべきだと、個人的には思っています。

 

ただし、ウェルスナビだけに頼り過ぎてもダメですね。

あなたの資産運用手法がひとつ増えると思って、余裕があるなら、口座開設してください。

 

銀行に預けている余裕資金、低金利のお金があるなら、早いに越したことはないでしょう。いつから、預ければいいかなんて、誰にもわかりませんから。
明日、隣国に何かアクシデントがあるかもしれないし、永久にないかもしれない。米国・トランプ大統領だった高齢です。先のことは誰にもわかりません。

お金はいつだって、ひとつのところに固めておくよりも、いろんなところに預けておいたほういい。フィンテックとよばれる新しい金融手法が次々に生まれているのですから、できるだけお試ししながら、大事に大事に育てたいですね。

 

ロボアドバイザーは長期で見れば、高確率で資産が増える可能性が高いと思ってます。

 

 

ウェルスナビ(Wealth Navi)で知りたい疑問、質問

 

  • ウェルスナビとは?
  • ウェルスナビの手数料
  • ウェルスナビの最低投資金額
  • ウェルスナビのよくある質問
  • ウェルスナビの口座開設手順
  • ウェルスナビの企業情報
  • ウェルスナビの特徴

 

アナタの知りたいこと、不安なことは一切、公式サイトで一番わかりやすく書いてあります。

ほかのサイトと同じように、ウェルスナビ公式サイトが言いたいこと、書きたいことを私がオウム返しにしても意味がありません。省略します(笑)

 

ウェルスナビの公式サイトで確認してください

詳しい内容はココ⇒<WealthNavi/p>

 

        WealthNavi

 

 

ウェルスナビ(Wealth Navi)はAI(人工知能)

f:id:kenn049:20170501225654p:plain

AI(人工知能)の発展

ところで、西日本新聞2017年1月10日付の天気予報の記事、読みましたか?

 

おはようございます。今日から新学期がスタートする学校が多いと思います。1月10日の九州北部(福岡県福岡地方)の天気予報は、晴れ時々くもりでしょう。降水確率は午前、午後ともに10%でしょう。傘は持たなくても大丈夫です。

日中の最高気温は11度、最低気温は6度となる見込みです。前日より最高気温は1度低く、最低気温は4度低いでしょう。平年と比べて最低気温は2度上回り、最高気温は平年並みでしょう。

 

風は北西の風後北の風、海上では後北西の風やや強くなるでしょう。日の出は午前7時23分。日の入りは午後5時29分です。

 

今日のお出かけには、コートを着ないと寒いでしょう。今夜の夜空は、よく見れば星が現れるかもしれません。

  

誰が書いたかご存知ですよね?

 

・・・

 

 

 

AIなんですよね。新聞記事もAIが書く時代になりました。

 

私、新聞社出身なので、背景がよくわかります。

西日本新聞(福岡県を中心に普及率の高い地方紙)の狙いはAIがこれだけ、進んでいること、将来的にはPCが記事を書くこともありうること、話題性なども考えて、書かれた記事だと思います。

新聞は実は紋切り型の記事って多いんですよ。季節ごとの年間行事やイベントなど日時を変更すればそのまま記事になることも多いのです。

新聞は原稿の締め切り時間が決まっています。早ければ、22時、遅くとも2時くらいです。たとえば、締め切りぎりぎりで終わるプロ野球のナイターの結果なんて、AIを利用すれば、締め切り1秒前でも入稿できてしまうでしょう。

天気予報ならなおさらです。当日のデータを活用すれば、ほぼほぼ完成です。新聞の半分の記事はAIなんてことも、近い将来は可能です。

 

つまり、人間よりも優れている分野はAIにいち早く任せたほうがいいのです。

AIの進化はすさまじいものがあります。AIを上手に利用したものが勝つ時代に入ってきました。

 

資産運用もAI=ロボアドバイザーの時代 

f:id:kenn049:20170501225825j:plain

株やFXで私、よく負けました。

「もうだめだ」と思って損切りすると、だいたい反転するんですよね。もう天井間際か、わからないが、負け分取り戻したから、「利益確定」とボタンを押すと、そこからグンと株も為替も2段ロケットのように伸びていくのですよね。

 

投資家の友人に聞くと、「株の神様が、どこかで俺の行動見ているんじゃないか」と思うときがあるってよく言いました。

 そのくらい、投資は難しいですし、心の葛藤があります。

「人の行く裏道を行け」と投資の世界は言います。わかっていても、私、できないんです。落ちていくナイフ(株、為替)を拾うのは難しいのです。

だから、プロの投資家・組織にお願いして虎の子の資産を運用してもらうのです。

 

フィンテクの時代

従来の投資会社でプロの投資家に運用任せれば、かなりの金額が手数料として持っていかれます。その投資会社の人件費が含まれているのですから、当然です。その点、システムは故障がない限り、不平不満も言わず、24時間働いてくれます。

それにディープランニングとよばれる手法でさらに深く、精度が高まった仕組みになるのがAIです。それがロボアドバイザーであり、ウェルスナビです。

最終的にはどこのロボアドバイザーが優秀かで、勝負が決まる時代も来るかもしれないですね。

 

ファイナンスとテクノロジーを合わせたAIの時代がやってきました。
私はソーシャルレンディングも昨年11月から始めました。今回のウェルスナビでフィンテクを利用した運用は2度目です。落ち着いたら、ビットコインにも挑戦します。

 

AIはあらゆる分野で波及

長期的に運用する資産はもう、感情もなにもない、人工知能、AIさんにお任せするのがいいのではないかと思ってます。まずは、新規で口座開設して様子見です。

それじゃあ、資産運用、資産投資の面白味がないって方は、ご自分の経験則、データ分析、判断力で引き続き、やられれば、いいと思います。

でも、そんな時間ありますか?投資が本業であれば、いいのですが、普通は副業であることが多いです。

だから、AIにお任せして、配分やリスク管理は自分でやる方法がいいと思います。

べつなやり方としては、たとえば、100万円ずつ、ウェルスナビの運用と自分の投資成績と1年間、競争させてみるのも、面白いですね。

 

このほかにもAIの凄いこと起こってますよね。

2,3年前、将棋や囲碁で人間に勝つのは、あと10年後と言われていたのご存知でしたか。

もう、人間に並ぶか、追い越してきていますよね。来年はもう、将棋の羽生三冠も、囲碁の井山名人もコンピュータに勝てないでしょう。そんな時代です。

 

日本最強の囲碁AI「DeepZenGo」対プロ棋士軍団、AIがわずかな差で勝利

ドワンゴが主催する「ニコニコ超会議」(4月29~30日、千葉・幕張メッセ)で、日本最強の囲碁AI「DeepZenGo」とトップ棋士チームの対局が行われた。トップ棋士側は、高尾紳路名人、三谷哲也七段、大橋拓文六段3人の合議制。

 ルールは互先(コミ6目半)、一番勝負、棋士側が黒番、DeepZenGoが白番で、結果はDeepZenGoの3目半勝ちとなった。

ITmedia NEWS 4/29(土) 18:37配信より引用

 

資産運用はロボアドバイザー 

ロボアドバイザーと言えば、ウェルスナビとテオです。

テオもそのうち比較する意味でやりたいとは思いますが、リスク分散としての優先順位は低くなります。

ロボアドバイザーがローリスク、ローリターンからミドルリターンとすれば、私はミドルリスク、ミドルリターンのソーシャルレンディングでポートフォリオを検討します。

 

ウェルスナビはキャンペーン実施中

ロボアドバイザーの手数料は3000万円まで1%。

ウェルスナビは従来、最低投資金額が100万でしたが、現在は30万円のキャンペーンを6月1日まで実施中です。

それに手数料も最大3か月、半額キャッシュバック中です。

それもあって、私は今回、口座開設しました。

 

 ウェルスナビ(WealthNavi)社長の柴山和久とは?

ウェルスナビ株式会社の柴山和久社長の経歴は凄いですね。

東京大学法学部卒、財務省勤務、マッキンゼー勤務。これだけで信用したくなるのは、私だけでしょうか?

下記の記事が参考になりました。ご一読ください。

 

2015年4月28日に創業しています。

ウェルスナビの業績も順調です。

2017年2月末で預かり資産25億円突破

     3月末で預かり資産75億円突破

     4月末で預かり資産100億円をすでに突破しています。

 

ウェルスナビのメリット

以下のウェルスナビのセールスポイントを読むと、まあ、口座開設しなくては損くらいの感じですが、そこは冷静に考えてください。

 

 

 

WealthNaviは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。

手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

 

・ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません。

投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

 

・国際分散投資を自動運用。

約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

 

・手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用を。

手数料は預かり資産の1%のみ。お客様の資産が増えることでのみWealthNaviの収益も増え、お客様と利害が完全に一致。

 

・世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用。

 

・自動運用だけにとどまらない、高機能なサービス。

リバランス機能付き自動積立(日本初)、アルゴリズムによる節税機能(日本初)、リアルタイム入金(ロボアド初)

 

・フィンテック業界で大いに期待されているロボアドバイザーです。

SBIグループとの業務提携発表、メガ三行のVCによる出資、ベンチャーコンテストでグランプリ受賞(RISING SUN EXPO 2016)。

 

 

 

 

ウェルスナビは1000万円まで日本投資者保護基金が補償

預けた資産の保護は、口座開設する前に確認しました。

私、フィンテックのソーシャルレンディングも6口座持っていますが、預金保護ないんです。なので、ウェルスナビの口座開設する際は確認しました。

 

 ウェルスナビのホームぺージより

お客様の全資産は、当社が保有する資産と明確に区分して分別管理することにより、万が一当社が破綻しても確実に保護されます。当社では、ETFを世界最大規模の証券保管機関(DTC)に保管・管理し、現金部分は三井住友銀行に信託することで分別管理を行っています。

投資者保護基金へ加入

 

万が一、当社が破綻し、さらに分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客様の資産について日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行います。

日本投資者保護基金

 

 

          WealthNavi