読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェルスナビ(Wealth Navi)の評判と実績。まずは口座開設

ロボアドバイザー・ウェルスナビ(SBI証券)に口座開設した実績、評判を報告します。

ウェルスナビ(ロボアドバイザー)の自動リバランス

      f:id:kenn049:20170511122547j:plain

 

わかっていても、絶対にやらないこと、できないことって、多いと思いませんか?

 

人生そんな連続ですね。

子どものころなら、夏休みの宿題、早めに終わらせてしまえば、あとが楽になるってわかっていても、できないんですね。結局、8月31日になって、1か月分の日記を書いていませんでいたか?
私、毎年そうでした。

 

ウェルスナビの自動リバランス

ロボアドバイザーにある自動リバランス機能、いいです。これこそ、理屈でわかっていても、自分の意思ではなかなかできない機能です。
ウェルスナビでも目玉機能のひとつです。

たとえば、100万円預けて50万円株、50万円債券にして半年後、株が値上がりして60万、債権が値下がりして40万。自分で運用してたら、どうしたら良いのか、わからないし、たとえ株の10万円分、債権に回すにしても、タイミングがわからない。

          f:id:kenn049:20150727210435p:plain

 

ウェルスナビなら理論に基づき、定期的にリバランスしてくれるので、超楽。

まあ、手数料1%お支払いしているので、このくらいやってもらわなくては困るのですが。

いずれにしても、人間系ではなかなかできないこと、システム系で得意なこと。これはウェルスナビに任せます。

人間系でやること

とは言え、リスク許容度は自分で決めます(現在、リスク1)。近いうちに引き上げます。

余裕資金の配分も自分で行います。

  • 銀行預金
  • ウェルスナビ
  • ソーシャルレンディング6口座

新たに、ビットコインもやってみたいのですが、そこまで手が回りません。

フィンテクによってもたらされる金融商品とにらめっこしながら、また次の手を考えていきます。

 

今なら、30万円からできるウェルスナビ、手数料も半額戻しキャンペーン口座開設も簡単WealthNavi

ウェルスナビとドル円相場

f:id:kenn049:20170511001908j:plain

 

 

ウェルスナビ参加者の大半は、放置プレーだと思っています。

違いますか?だから一喜一憂しないんでしょうね。

 

相変わらず、ドル建てでは、マイナスですが、2週間足らずで、約2円、円安に振れました。

f:id:kenn049:20170511001341p:plain

 

したがって、たった33万円の預け入れなのに、5,000円以上のプラスになっています。

f:id:kenn049:20170511001420p:plain

 

1000万円単位で預けられている方はどうしているのでしょうか。利益確定で一部を円で保有することはないのでしょうか。したくなりますね。

 

そう考えると、いくら預ける、いくら積み立てるも大事ですが、いつ預けたかも、大切ですね。誰も、先の相場は読めませんが、私のようにスポットで資金を積み増しようと考えている素人でも、ちょっとタイミングを考えてしまいます。

 

でも、考えても仕方ないんですね。わからないんだから。

 

ということで、銀行に預けてある資金をなるべく早くウェルスナビに移すことを検討します。

 今なら、30万円からできるウェルスナビ、手数料も半額戻しキャンペーン口座開設も簡単WealthNavi

 

OwnersBookの評判、魅力とは

OwnersBook不動産特化型のソーシャルレンディング会社です。

日本にソーシャルレンディング運営会社は約20社ありますが、その中でOwnersBookは安定して、利回りが取れる会社だと思っています。

詳しい内容はこちら⇒OwnersBook

f:id:kenn049:20170509190550j:plain

 

 

国内不動産投資のソーシャルレンディング会社はほかにもありますが、OwnersBookはロードスターキャピタルが親会社です。

OwnersBook=ロードスターキャピタルなので、不動産のプロフェッショナルが査定し確実性の高い物件を担保にして、融資していると思われます。

つまり、万が一融資先が倒れて、私が投資した資金が返ってこなくても、担保物件を売却することで元本が返却される可能性が高いのです。

 

OwnersBookの概略

 

OwnersBookとは

『オーナーズブック(OwnersBook)』を通して、個人(Owner)の皆様が気に入った案件を一冊の本(Book)のようにして友達と共有することにより、投資という目的だけではなく、情報を共有し、知識を共有し、経験を共有していければと思います。
そして皆さんと一緒に不動産業界に新しい風を起こしていきたいと思っております。

(2017年3月1日現在)

  • 実行済み案件   44件
  • 実績年利回り   4.8%~14.5%
  • サービス開始    2014年9月
  • 累計投資総額  12億6350万円

 

社名 ロードスターファンディング株式会社
本社所在地 東京都中央区銀座2丁目6番16号ゼニア銀座ビル6F
代表電話番号 03-5579-9496
サービス開始日 2014/9/8
代表者 岩野達志
資本金 2,500万円
従業員数 2名
資本関係
金融商品取引業の主体 ロードスターキャピタル株式会社
金融商品取引業ライセンス 関東財務局長(金商) 第2660号 (第二種/投資助言・代理業)
加入協会(金融商品取引業) 一般社団法人第二種金融商品取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
貸金業の主体 ロードスターファンディング株式会社
貸金業ライセンス 東京都知事(1)第31574号
加入協会(貸金業) 日本貸金業協会

 

OwnersBookの魅力

  • 確実な貸付先
  • 早期償還あり。その結果、期限前償還で14.5%の年利回りを達成しています。
  • プロの鑑定士に依頼する2重チェックシステムです。
  • オーナーズブック(OwnersBook)の約30人のうち、半数以上が不動産資格所有者。
  • シニアローン、メザニンローン合わせて、不動産評価額の80%が最大の貸付総額。
  • ソーシャルレンディング会社は融資先がわからないので、運営会社の信用性が大事。その信頼性がある会社

OwnersBookの特徴

  • 他社同様、口座管理料維持料は無料
  • 1万円からの投資が可能
  • 利回り 4から8%前後
  • 全案件、満額募集完了の商品設計
  • 全案件に不動産担保を設定
  • 会員限定のSNSも用意
  • 機関投資家も満足する水準の投資案件
  • 不動産情報が詳細な説明の口座情報画面

OwnersBookの問題点

  • 慎重な融資のため、利回りが他社よりも低い
  • 宣伝活動をあまりしないので、一般的に知名度が低い
  • 大手不動産会社のような大規模な案件開発はこれから

 

 

 

ソーシャルレンディングおすすめ度

 

元本が保証されていないのが、ソーシャルレンディングサービスです。
まず、運営会社に安心して投資できるのが第一条件です。

毎月のように、本社で初心者、経験者へのセミナー開催による啓蒙活動、ホームページ上のわかりやすい案件情報などを考えれば、融資先の第一候補として考えるべきでしょう。
また、財務状況も開示されています。

利回り10%の不安定な預け先よりも4%~6%であっても、安定した預け先を選ぶべきではないでしょうか。

利回りが高いということはそれだけ、リスクも高いのです。

OwnersBookの詳しい内容はこちら⇒OwnersBook

 

     OwnersBook  

ウェルスナビとソーシャルレンディング

ロボアドバイザー・ウェルスナビとソーシャルレンディング、どちらもフィンテックの代表格的な資産運用です。

  

   f:id:kenn049:20170509154118j:plain

 

共通項としては、元本保証はありません。ほかにも共通項がたくさんあるのでしょうが、ここでは言及しません。

私が知りたいことは、

  1. どちらに預けたほうが安全か、元本毀損がないか
  2. どちらに預けたほうが利回りが高くなるか
  3. どちらに預けたほうが世話がないか、楽か

 

結局この3点です。
あくまで個人的な見解ですが、ちょっと考えてみました。

 

どちらに預けたほうが安全か、元本毀損がないか

ウェルスナビではないかと思います。

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)は一般金融用語なので、本来、比べるものではありません。

本当は

ウェルスナビ VS maneo

ウェルスナビ VS OwnersBook

ウェルスナビ VS クラウドクレジット

などで比較するものです。

 

上記ソーシャルレンディング3社は、個人的には推している運営会社です。私の中では、この先も問題がないと判断しています。(その理由はまたブログで書きます)

ソーシャルレンディング全体約20社で見た場合、ちょっと危なそうな会社も、出てくると思います。

ソーシャルレンディング会社の危うさとは、第一に運営会社の怪しさがあります。
先日のM社のように、金融当局から行政処分が下された場合、投資家は自分が預けたお金がどうなるのか心配です。私もまだ10万円預けたままになってます。満期までおろせないのですから、仕方ありません。

第二に、案件の問題があります。現状で元本割れがないからと言って、この先もないとは限りません。

 

上記の2点から、一応ウェルスナビに軍配をあげました。ウェルスナビは長期運用ですから、私程度の知識では、お任せ勘定です。

ウェルスナビのAIを信じたいと思います。AIはディープランニングで能力がアップすることはあっても、下がることがありません。その点を買います。

 ソーシャルレンディングに投資するなら、上記3社のソーシャルレンディングであれば、問題ないと個人的に思ってます。

 

特にOwnersBookの不動産評価には定評があります。

OwnersBookは年利回りは4~6%案件が多いです。物件は流動性の高い東京都内に限っており、不動産相場が下落しても担保価値は高い物件が多いので、国内不動産融資に限って言えば、ソーシャルレンディング業界ナンバー1の安定感、信頼感だと思います。
詳しくはコチラで⇒<OwnersBook>

 

どちらに預けたほうが利回りが高くなるか

 これはソーシャルレンディングだと思います。ソーシャルレンディングでも、SBIソーシャルレンディングのように2%の案件もありますが、総じて高利回りの案件が多いです。

ウェルスナビの場合、リスクを1から5段階で設定できます。

リスクを5に設定したとして、二桁の利回りが達成できるでしょうか?それは誰もわかりません。ただし円安購入も相乗効果となり、高水準の利回りも可能性があります。

 

私はここでは、ソーシャルレンディングに軍配を上げておきます。

 

どちらに預けたほうが世話がないか、楽か

これはソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディングは1度預けたら、あとは満期まで何もできません。ただ見守るだけです。


配当については満期一括、元利均等払いがあります。元利均等のほうが額が少なくても、預けている実感があるかもしれません。ちなみに、私はすべて満期一括払いの投資です。

楽しみ、面白味で言えば、ウェルスナビです。

ウェルスナビも最初の入金で一定額を納めるか、その後毎月の積立などをセットすれば、何もすることはないです。

ただし、入金も出金自由です。円安時に出金して、円高時に入金すれば、為替による収入も見込めます。ただし、人間が介在すると利益は出ない気がします。

 

 

結論

ウェルスナビとソーシャルレンディングに限らず、商品特性を見極め、余裕資金は分散投資してください。

会社の姿勢、情報公開度で言えば、クラウドクレジットも推します。

クラウドクレジットは海外投資特化型です。ホームページやセミナーで海外融資の仕組み、ソーシャルレンディングの疑問、質問に常にわかりやすく答えてくれます。杉山社長以下社員の方々の誠実さが現れています。利回りも10%以上の案件がかなりあり、成長株だと思っています。

またmaneoはソーシャルレンディング業界のトップ企業です。案件の多さ、シュアの高さ、でこちらも安定しています。またプラットフォーム(基幹システム)も他のソーシャルレンディング会社に貸し出して、そこからも利益を得ています。

 

投資の判断は各自の責任でお願いします。 

 

       

ウェルスナビの手数料について

      f:id:kenn049:20170508231852j:plain

 

ウェルスナビの手数料は口座に預けた金額の1%。

3000万円以上は0.5%

 

これは知っています。でも、いつ引かれるの?

どうやって手数料計算してるの?

 

アナタ、わかってます?

 

いまいち、わかってない私、調べました。意外とわかっていない方、多いのではないでしょうか?

 

意外と知られていない手数料こと

  • 消費税は別です。
  • ETF経費(維持、管理コスト)0.11~0.14% 間接的に引かれています。

 

ですから、ウェルスナビ様には、最低1.2%以上の成績を上げていただかないと、資産が減ってしまうのです。お願いしますね。

ドル建てですから、円高の時はさらにグッドジョブをしてもらいたいです。

 

さて、本題に戻って、手数料計算です。

 

★計算式

【1日分の手数料の計算式】:計算日の時価評価額×1%(手数料率)÷365×1.08(消費税)

上記の計算式で1日分の手数料を計算し、1ヶ月分を合計します。合計した手数料の1円未満を切り捨てた金額が、翌月お支払いいただく手数料となります。

 

★手数料支払い日

翌月の5日

 

つまり、簡単に書けば

1月1日に365万円をウェルスナビに預けたとします。

 

預け金額も、運用も全く変動しなければ、1日、108円が手数料として掛かり、

2月5日に1月分として3,240円、ウェルスナビ口座から手数料が引かれることになります。

おわかりいただけたでしょうか?

 

でも、手数料1%は安いです。投資信託なら、いくら取られますか?

 

今なら、30万円からできるウェルスナビ、手数料も半額戻しキャンペーン口座開設も簡単WealthNavi