定年後の資産運用、ウェルスナビ?、それとも投資?FX?

ロボアドバイザー・ウェルスナビ、ソーシャルレンディング、株、仮想通貨、FXまで早期退職後チャレンジしています。

定年後、早期退職後の資産運用はウエルスナビがまず第一

   f:id:kenn049:20180517181723j:plain

 

2016年8月末、56歳で早期退職しました。

住宅ローンを払い終え、手元に約1,000万円がありました。

 

その間、

ロボアドバイザー、ソーシャルレイティング、株、FX、仮想通貨をやりました。

 

はっきり言って、ギャンブル好きのワタシ、株、FXは現段階ではマイナス運用です。

仮想通貨はビットフライヤー、Zaifに口座開設したものの、参入が遅く、含み損で保持したままです。

 

もし、定年後や早期退職後の資産運用をどうするべきか、アナタがお悩みなら

一番楽で、時間的制約がなく、着実に増える資産運用はウエルスナビではないでしょうか。

 詳しくはこちらで

 

ウエルスナビの運用実績(2018年4月末現在)

  f:id:kenn049:20180517182221j:plain

 

ウエルスナビは、元本保証ではありません。

でも、2016年1月開業以来の運用実績は8%から26%です。(2018年4月末現在)

ウエルスナビの実績、内容ははこちらで

 

ワタシ、2017年7月ごろはウエルスナビに300万円まで預けましたが、もっと稼ぎたくて株式投資に移してしまいました。

運用開始は2017年4月です。もしリスク許容度3で1年間運用していたら、約350万には、なっていたはずです。

結果論ですが、私の資産運用の実力はなかったので、AI(人工知能)に任せておけばよかったのです。

 

 

おそらく、この記事を読んだ方は、「ロボアドバイザーに預けて大丈夫なの?マイナス運用ないの?」とお思いでしょうが、まず安定的な資産運用を目指すなら、ウエルスナビで口座開設10万以上と毎月の積立がおすすめです。

定期積立の意図は、ウエルスナビのマイナス要素として為替差損があります。毎月定期積立することで、ほとんどそのリスクは回避できるからです。

 

沢村一樹さんのテレビCM通り、スマホから口座開設、全自動、楽々運用です。

無料診断であなたの意識がわかります

 

ウエルスナビのマイナス要素

   f:id:kenn049:20180517183132j:plain

上記にように、元本保証でない、為替差損(逆に為替増収)も可能性としてあるウエルスナビですが、そのほかにも定年退職後の方にはマイナス要素があります。

 

それは、資産運用が楽な反面、世界情勢、経済に対して鈍感になりやすいことです。

株式投資やFX実運用していれば、ネット、新聞のニュースにも関心があります。

トランプ大統領の発言ひとつで、ドル円相場も大きく変わります。

 

ワタシ、FXやっているのでアメリカの10年国債の利回り気になります。FXやっていなければ、まったく関心ないですね(笑)

 

会社勤めを辞めた後も、社会の関心ごとに敏感なのは、ボケない大事な要素です。

 

 

すべて資産運用はAI(人工知能)に任せて、悠々自適に旅行や趣味の時間に残りの人生を使う、これも人それぞれの生き方なので、いいとは思います。

 

資産運用は人それぞれのスタイルで

     f:id:kenn049:20180517204846j:plain

 

私の理想は、資産の半分はウエルスナビで年利10%前後で運用。

残りの半分は不動産、株、FXなどでもっと運用益を上げたいタイプです。

そのためには情報に敏感で、時には痺れるような大きな勝負(投資)をしたいです。

 

でも、遊びも投資でも経済的ベースが安定していなければなにもできません。
単に銀行に預けておけばいい時代ではないので、余裕資金はウエルスナビで活用するのが得策です。

 

ウエルスナビの知名度がCM効果で上がったといっても、預かり資産700億円超、ユーザー9万人前後です。

少なくともワタシの周囲で、ウエルスナビの口座を持っている友人はひとりだけです。

まだまだ、発展途上の業界です。

アナタが10万円あれば、早めに口座を作っておくと、ロボアドバイザーの増え方が楽しめます。(笑)

 

今ならテレビCM開始キャンペーンで2か月間手数料キャッシュバック中です。期間は6月末までです。

 

以上、定年後、早期退職後の資産運用はウエルスナビがまず第一…でした。                                       

ウエルスナビキャンペーン